top of page
検索
  • 執筆者の写真Visa Navi Singapore

PRの取得費用はどのくらいかかるの?

2024年1月


<申請料>

シンガポール永住権の取得にはICA (シンガポール移民局) に支払う審査料が申請者ひとりにつきSGD100かかります。これは審査に対する費用のため審査結果に関わらず支払いが必要で、残念ながら承認されなかった場合の返却はありません。そのほかにPR承認後にEntry Permit FeeがひとりにつきSGD20必要になります。承認された場合のICAに支払う総申請料はひとりSGD120となります。


<書類作成費用>

戸籍や卒業証明書など書類によっては入手に費用が発生する場合があります。日本から書類を取り寄せる場合は発行料のほかに郵送料がかかります。また原本が英語でない証明書は翻訳や公証の費用が発生します。出生や婚姻に関する書類の翻訳は在シンガポール日本大使館でも発行可能で、公証人役場で公証してもらうより廉価です。料金は書類の種類により変わりますが為替調整のため毎年改定されているので、最新の手数料は大使館HPでご確認ください (日本大使館領事部手数料) 。


<申請サポート費用>

PR申請のプロに依頼される場合はエージェント料金がかかります。金額は会社によって大きく変わりますが、料金が高ければ必ずしも承認率が上がるわけではないことに注意が必要です。価格の差は各会社によって異なるサポート内容 (どのくらい一人一人の申請者に時間をかけて申請作りをサポートするか・在籍しているスタッフの経験値など)+固定費 (事務所賃貸費用、申請にかかわらない事務・営業スタッフも含めた人件費、システム利用料など) によるところが大きくなります。料金は安いが書類のアドバイスはほとんどしてもらえなかった、という場合もあるため、経験豊富なコンサルがいることとサポート内容に見合った価格で提供しているかをポイントにした会社選びが重要です。

bottom of page